アンティーク家具の素材!

頑丈で長持ちする素材が使われているもの多い

アンティーク家具は、マホガニーやメープル、オークなどの頑丈で長持ちする素材が使われているものも多く、正しい使い方を守ることで、数十年以上にわたり愛用することができます。また、現代では入手が難しい木材を使った製品については、世界中の家具のコレクターの間で高値で取引が行われるケースも珍しくありません。そうした中、一戸建てやマンションにアンティーク家具を取り入れたい場合には、インテリアショップで現物をチェックして、ニーズに合う素材を選ぶことがおすすめです。なお、素材の種類によっては購入費用が高額になることもあるため、購入前に専門のスタッフから色々な素材の特徴について詳しい説明を受けることが大切です。

アンティーク家具の素材に合ったメンテナンスをしよう

アンティーク家具を長く使い続けたい場合には、素材の性質に適したメンテナンスを行うことが肝心です。特に、水や湿気、傷などに弱い性質のある素材を使ったアンティーク家具については、日頃からこまめに乾拭きをしたり、洗浄剤を使ったクリーニングをしたりする必要があります。また、アンティーク家具の使用環境によっては、様々なパーツの劣化が進むことがあります。そのため、長期的に手厚いアフターフォローを受けられる家具店を購入先に選ぶことがおすすめです。もしも、家庭内でメンテンナンスをしやすいアンティーク家具を選びたい時には、耐久性の良い木材が使われているものや、できるだけパーツの数が少ないものを探すことがポイントです。