アンティーク家具には高級品から家庭的なものまで様々です。例えばデザイナーズ家具のようなブランド家具から世界有数のアンティーク家具、一般向けに大量生産された実用的なアンティーク家具などがあります。アンティーク家具を購入する際、知っててほしい情報を紹介しますので参考にしてみて下さいね。

アンティーク家具の魅力

アンティーク家具の特徴!

1900年代前半~1970年代に作られたものをアンティークと言いますが、まだ機械化されていない頃、職人により大切に手作りされ、現代まで大切に使い続けられてきたのがアンティーク家具です!手作りなので、色や形・木目なども1つ1つが異なる一点もの!これがアンティーク家具の一番の特徴ですね。

アンティーク家具の風合い!

キズや凹みもアンティーク家具の良さ!

アンティーク家具は売れる

アンティーク家具は多少の傷があっても、作られた時代が古ければ価値がありファンがいるので、売れることが多いです。

アンティーク家具の価格!

年代物は百万円を超えるものも多い

アンティーク家具の価格は、製造年やデザイナー、素材などによって大きく異なるため、予算に合う商品を積極的に探すことが大切です。特に、百年以上前に製造された有名な家具職人が手掛けたアンティーク家具の中には、百万円を超えるものもあり、国内外のオークションサイトなどで高額な売買が行われることも少なくありません。例えば、本棚や箪笥、食器棚などの希少性の高い木材をふんだんに使った年代物の商品は高値が付きやすい傾向があり、信頼できる購入先を見つけることが大事です。なお、適正価格でアンティーク家具を購入したい時には、海外製のインテリアに詳しい販売員のいる家具店へ足を運んで、気になる商品を直にチェックすることがおすすめです。

量産品はリーズナブルな価格で買えるものもある

量産品のアンティーク家具は、ハンドメイドのものと比べてリーズナブルな価格で買えるものも多く、インテリアにこだわりのある若者の間でも人気が集まっています。例えば、椅子やローソファ、デスクなどのコンパクトなサイズのアンティーク家具は、コストパフォーマンスが良いだけでなく、持ち運びが便利でお手入れをしやすいというメリットもあります。最近では、量産品のアンティーク家具をメインに販売している通販サイトやインテリアショップの数も増えており、家具にそれほどお金を掛けられない人も気軽に商品選びをすることができます。また、小傷や汚れなどが気にならない人であれば、アウトレット品のアンティーク家具の購入を検討するのも良いでしょう。